FC2ブログ
単行本発売のお知らせ
mezzon01
※画像をクリックすると裏表紙の方まで見れます
 
10/1にティーアイネットさんより単行本【牝辱館の未亡人(めぞんのおんな)】が発売されます。
単行本名は牝辱館と書いて「めぞん」ですが、収録作は連載時のまま迷想館と表記されています。
ちなみに画像はデザイン途中のものを自力で適当な修正をしたものです。発売するものはキレイな修正(モザイクが掛かっています)
 
収録作は全部で7本。
 
●迷想館の未亡人(全4話)
亡き夫の残したアパートを守るため借金取りの肉体強要を受け入れる未亡人・美沙。
借金取り・露鳥の肉体調教は次第にエスカレートし、
美沙も日に日に性欲が強くなっていってしまう・・・。
美沙の身を案じるアパートの住人・諏訪も巻き込み美沙の調教はクライマックスを迎える!
 
●蕾の咲く夜(読みきり)
洋館に住む女主人と使用人達の淫らな夜の営み。
それを目撃してしまった娘は自分も母のようにされたいと望むのであった・・・。
●夜魅せの双華(読みきり)
古き日本の田舎町での夏祭り。男が出会った双子の少女は見世物小屋で男達を相手に
その肉体をあらわにしていた。男達のいきり立ったものに囲まれた少女はそれらを受け入れる・・・。
●全快!?ラブえもーしょん(読みきり)
新米教師の八神は一人の女生徒・蘭川に迫られていた。
彼女のセクハラじみたイタズラはエスカレートし、八神は理性を保つのが難しくなっていた。
八神はきつく叱るが蘭川は八神をとある所に連れて行く。そこで八神が見たものは・・・!
 
 
Hシーンの短かった「ラブえも」に6ページの書き足しを行い、
それ以外の作品も加筆修正しました。
さらに今回はカバーを外した本体の表紙・裏表紙もカラーでして、
美沙のエロシーンを書き下ろしています。
是非お買い上げのほどを!よろしくお願いします<(_ _)>
 
 
あ、それから忙しすぎて告知をし忘れましたが、現在発売中のMUJIN10月号に
新連載マンガ【姦獄島】の第一話が掲載されています。

 
周りを海と高い塀に囲まれた監獄島を舞台に脱獄した凶悪犯の男と
昔この男に父を殺された三姉妹刑務官との戦いを描いています。
第一話は脱獄した男に三女が連れ去られ、激しくレイプされてしまいます。
 
連載再開を望む声の多いKAMYLAのテイストを引き継いだ連載として
気合を入れて望んでいます。是非読んでやってくださいませ<(_ _)>

仕事などのお知らせ | 15:48:30 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
新作、すごくいいです。
カミイラのキャラにも登場してほしいです。
女神探偵に出てきた、特警の部長さんが気に入っています。
2010-09-30 木 22:56:36 | URL | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-10-05 火 11:18:34 | | [編集]
レス01
■■■匿名希望Aさん■■■
コメントありがとうございます。姦獄島は昭和初期をイメージしてまして、カミイラとは時代が違うのです。ですから自分の中にはカミイラキャラの登場というアイデアはありませんでした。
でもそれも面白いですねー。母親とか祖母とかと言う設定で、見た目はそのままで。
 
 
■■■匿名希望Bさん■■■
「めぞん」はイマイチでしたか・・・。たしかに4話と短めな内容ではありました。(ちなみに連載中の姦獄島も4~5回の予定です)
 
読みきりはたしかに過去の作品「luster 」や「鬼の杜」と似た雰囲気ですね。この辺も作者の好み・頭の中のイメージが『コレ』と固まっているからですね。良く言えばブレがない・・・悪く言えば同じものばかり・・・という事ですね。
2010-11-01 月 15:44:39 | URL | じゃみんぐ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する